城 敏晃の漫画

自分のイメージの具現化するための漫画を描いています。 

os28

勘違いされたくないので、言葉で書いておく。
自分は、禅宗の仏教徒ではない。

このマンガは、雪舟への旅なのだ。

自分の敬愛する、雪舟への思いを、ありとあらゆる手法で、
描き上げた作品なのだ。

雪舟への、思いを、絵を描く人間なら、見て分かるように、描いてきた。
その例を、示しておく。

ouse28_line1.jpg

ouse028_line2.jpg

サムネイルをクリックしてもらえれば、主線だけの、画像が出る。

線の描き方だけを、見せたかったので、顔を消してある。
(顔があると人の関心は、顔だけに向くのでね)

自分は
●職人仕事のような、手馴れた線を描かない
●その場・物の表現に、常套手段として引かれる線を使わない
●手の筋肉の凝り固まった、自由さのない線なんて、絶対に描かない
●常に、斬新であり、(手なり足なり服なり)その部分を描くときに、人類史上、誰も引いてない線を描く!

を、心に据えて、この作品を描いてきた。

その線は、雪舟への思いであり、雪舟への憧れなのだ。

ネットでも、本屋でも良い、雪舟の線を見て欲しい。

その自由さに、みとれることだろう。
常なる斬新さに、見ていて、引き込まれるだろう。(ある程度、絵を描ける人だけだが)




にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へbrogrankingbanner2.gif
お手数でなければ、バナーを、クリックしてください
スポンサーサイト
  1. 2016/09/16(金) 20:17:26|
  2. 未分類

プロフィール

城敏晃

Author:城敏晃
→→
こちらのメイン記事は
更新順ですが、
↓↓
この下のカテゴリーの項目は
ページの順番で表示されます。
短編漫画などは↓↓こちらから
どうぞ

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

短編作品には各ページに、作画の主旨が、記事としてつけられているものがあります。 「公設公園」はkk・「その光」はsh・「狐の国」はki・「アフェリガイスト効果」はaf、がページ数の頭についたものが、記事タイトルです。

RSSリンクの表示