城 敏晃の漫画

自分のイメージの具現化するための漫画を描いています。 

af25

煙の表現がどんどん、湯気、みたいになってるなあ。
反省しているのだが、
なかなか、煙に、色をのせるのは、むづかしい。

作画上は、屏風絵のような、金色のような煙、を、
スタートに、描いているのだが、

効果を載せていくたびに、
色目が、飛んでいく。

立体的な、煙の表現を目指しているので、

人物の、前後に、煙があることを、
明確に、前、うしろと、見て分かるように、
表現しなくてはいけない。

それに、
このページから、
煙が、奥に向かって流れていくような、
立体的な、表現も行っているので、
人物描写より、ハイライトの強い、
光効果に、なってしまっているのだ

結果、煙に力強さは出ているが、
自分の脳の中では、もっと、黄金色の煙になってほしいのだ。

まったく、絵はむづかしいよ。

すこし、まだ、試行錯誤の余地を残してるが、
とりあえず、これでいい、と思ってアップしました。

この先、また、煙の表現は、変えていくつもり。

煙に、演技してもらわないといけない。
なに書いてるか、分からない言葉だけど、
自分としては、煙に演技させられないか、模索して、
描き進める予定。



このページの、見下ろしの描写は、
この画像では分かりにくいが、
デジカメの、トイカメラの効果のように描いてある。

もう、見下ろしの人物表現は、
この先、あまり出ないので、
このページで、煙の表現手法も変え、
いっぺんに、場所感、を表現したつもり。

「見ろ! 人がおもちゃのようだ。」



それと、
「死ねぇ!」の言葉は、
当初のネームでは、子供を抱いた、女性に言わせるつもりだった。
でも、まあ、ここで、見ている人の思考の足踏みが起こっては、いけないので、
こっちの表現にした。

見下ろしている、見える人物の表情は、見えるとこもあり、
見えないとこもある。
でも、全体ぼんやりと、戸惑い怒ってる感じの表情が分かる絵に、まとめてある。
ふつう、デジタルのぼかしの効果だけでは、表情が崩れる。
顔だけは、描かないといけない。

デジタルぼかしのように、手で描くことは、意外と難しい。

にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へbrogrankingbanner2.gif
お手数でなければ、バナーを、クリックしてください。

※城敏晃の作品は、設定・物語・画像・描写手法・文字表現・色彩配置・煙・光表現、等の、模倣・転用は、禁止です。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/19(水) 23:54:56|
  2. 未分類

プロフィール

城敏晃

Author:城敏晃
→→
こちらのメイン記事は
更新順ですが、
↓↓
この下のカテゴリーの項目は
ページの順番で表示されます。
短編漫画などは↓↓こちらから
どうぞ

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

短編作品には各ページに、作画の主旨が、記事としてつけられているものがあります。 「公設公園」はkk・「その光」はsh・「狐の国」はki・「アフェリガイスト効果」はaf、がページ数の頭についたものが、記事タイトルです。

RSSリンクの表示

フリーエリア