城 敏晃の漫画

自分のイメージの具現化するための漫画を描いています。 

af15

このページの、3段目、は、

この漫画を描こう、と思った時からの、
「はたして、自分に描けるかどうか…」という、

ひとつの「関門」「試練」みたいな、絵なんです。

生命の危機を感じる、絵。
この先に何が起こるか、説明する台詞も、なにもない。
ただ、見るだけで、伝わる、じっとしていられないほどの、恐怖。

露骨な残酷表現なんて、一切なしに、

人間の、動物として持っている恐怖心を感じる、脳の部分、
そこまで、たどり着けるような、絵。

にならないと、いけないと、

前々から、思っていたのであります。


自分では、精一杯のところまで、
そういう、自分のイメージにまで、近づけてはみましたが、

まだ、カラー作画、1年。

という、未熟さですので、この程度で、ございます。


カラー作画、2年目は、もっと、

「真に迫った」、
「自分の脳の中にある映像を、そのまま描き出したかのような」
ものを、

作れるよう、精進していきたいと思っております。


にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へbrogrankingbanner2.gif
お手数でなければ、バナーを、クリックしてください。

※城敏晃の作品は、設定・物語・画像・文字表現・描写手法・光&陰影表現・色彩配置、等の、模倣・転用は、禁止です。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/12(木) 23:57:39|
  2. 未分類

プロフィール

城敏晃

Author:城敏晃
→→
こちらのメイン記事は
更新順ですが、
↓↓
この下のカテゴリーの項目は
ページの順番で表示されます。
短編漫画などは↓↓こちらから
どうぞ

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

短編作品には各ページに、作画の主旨が、記事としてつけられているものがあります。 「公設公園」はkk・「その光」はsh・「狐の国」はki・「アフェリガイスト効果」はaf、がページ数の頭についたものが、記事タイトルです。

RSSリンクの表示

フリーエリア