城 敏晃の漫画

自分のイメージの具現化するための漫画を描いています。 

af13

妙な言葉が出てくるが、

そう言ってたので、そう描いている。


自分が、今、描いてるのは、
「公設公園」と同じような、アイデア源で、描いているので、

確かに、そう言っていたので、そのとおり、書いた。



「アフェリガイスト効果」という、言葉も、そう聞いたので、そう描いている。


「リングイネ素粒子」とは、素粒子の中身が、空洞ではないかという、仮説に基づく、理論らしい。
そう言ってた。
わざわざ、書くまでもないので、書いてないけど。





嘆いているせりふで、大体判るだろうけど、

この、シーツ係の男は、

つまり、俺だね。



主人公と同じ、バックライトで、向かい合うけど、
それは、そういう、暗示的表現。

インナースペースでの、自分との自己対話。

そういう、思索的読み方も出来るように、絵も描いている。



自分は、そういう、文学的、表現好き。

最近、そういう、映画も、日本ではやらないし、(きっと世界では作ってるんだろうけど)
小説も、殺人事件を、中心に据えた、人間ドラマ、とか多いし…。(自分は苦手)

こういう、
「なに言いたいんだ? これ」という、
作品のほうが、性に合ってる。




だから、自分の居場所が、世の中になくなってしまったのかな。

はあぁ…





このあとの、ページは、描線を、少しずつ変えていこうと思っている。

そして、どんどん描線を、やわらかくしようと思っている。
話は、どんどん、現実離れしていくので、そのほうが、描きやすい、から。

最後のシーンで、描線は、元に戻る。
そういう、計算で、描いていきます。


にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へbrogrankingbanner2.gif
お手数でなければ、バナーを、クリックしてください。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/24(土) 18:11:44|
  2. 未分類

プロフィール

城敏晃

Author:城敏晃
→→
こちらのメイン記事は
更新順ですが、
↓↓
この下のカテゴリーの項目は
ページの順番で表示されます。
短編漫画などは↓↓こちらから
どうぞ

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

短編作品には各ページに、作画の主旨が、記事としてつけられているものがあります。 「公設公園」はkk・「その光」はsh・「狐の国」はki・「アフェリガイスト効果」はaf、がページ数の頭についたものが、記事タイトルです。

RSSリンクの表示

フリーエリア