城 敏晃の漫画

自分のイメージの具現化するための漫画を描いています。 

af05

ほんとは、もっと、欠けているリモコンを、
きらめく光で、白く飛ばすつもりだった。

でも、いきなりそれしちゃうと、
何が起こっているかわからないので、

こういう感じで、我慢した。



老人の手は、もっと、しわを刻んでもいいのだが、

実際、親父の手は、こんなもんだった。

手は、この先の場面で、とても重要な役割を果たすので、
気を入れて描いてるけど。

いろいろ、光の効果を使って、白く飛ばすので、
描き込みに、限界もある。

人間の手の甲は、
元気な人にとって、かまぼこ状に、盛り上がっているのが、
当然、みたいな、デッサンだが。

長年、寝込んだ、親父の手は、手の甲が、くぼんだ形になっていた。

「へー、こんな手の甲の形もあるんだ」
と、覚えていたので、
それらしき形を再現した。


にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へbrogrankingbanner2.gif
お手数でなければ、バナーを、クリックしてください。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/14(水) 17:11:13|
  2. 未分類

プロフィール

城敏晃

Author:城敏晃
→→
こちらのメイン記事は
更新順ですが、
↓↓
この下のカテゴリーの項目は
ページの順番で表示されます。
短編漫画などは↓↓こちらから
どうぞ

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

短編作品には各ページに、作画の主旨が、記事としてつけられているものがあります。 「公設公園」はkk・「その光」はsh・「狐の国」はki・「アフェリガイスト効果」はaf、がページ数の頭についたものが、記事タイトルです。

RSSリンクの表示