城 敏晃の漫画

自分のイメージの具現化するための漫画を描いています。 

ki09

このページは。露出オーバー気味の、写真の感じ、狙ったんだけど、

すこし、白すぎるか。

輪郭線、薄くすることも考えたんですけど、
そうすると、

人物の、感情も、薄くなるようで、

このページは、女の子の方が、
主人公へ、近づいてきてくれる場面なので、

感情を表す、顔や、手の感じは、光の中に、消したくなかったんですよね。


それに、

いちおう、色目は、登場人物の、心の反映として、描こうと思っているので、このまま、いくかな。

あとで、ページがそろったときに、

違和感が目立つようなら、直すかもしれません。

直しの作業は、ちょちょいのちょい、程度の手間ですし。




このページは、
女の子が、お金について、ちょっと話します。


正直、お金についての、トークは、創作の作り話の中では、要注意なんですよね。


結局、お金についての、考え方というのは、万人にあるものですし、

それのよって、人を判断する、材料の、ひとつにされていることですし、

「あ、この人、自分に合わない」と、

好き嫌いの、決定をされるときの、
結構重要、ポイント、なんですし、


そんなことの一切、
わかって、ここに入れてるんですけど、



一度、自分の、好きな創作作品の、

お金についての、表現、気にしてみてみると、こういうことは、よくわかると思いますよ。


一番てっとり早いのは、
「お金のことには、触れない」
という表現方法。


次に、やりやすいのは
いわゆる、キャラ化
ケチとか、貪欲とか、貧乏とか、極端に金持ち表現にするとか、
お金について、語っても、当たり障りの少ない、
無難と、というところに、おさまります。



私は、そういうのとは違って、ストレートに、
お金について、しゃべっている、女の子の顔、わざと描きました。


こういう感じで、「高価」なお金について、しゃべっている、女性、
「いい子だな」
と、思ってもらえる、表情を、ぎりぎりまで狙ったつもりです。
眉毛の角度、ちょっと違うだけで、
見たときに、受け取る印象が違ってくる、とても、やっかいな、表現の、ひとつです。


こんなの、書いておかないと、だれにも、わかってもらえないことだから、
いやみたらしく、
書いちゃいました。

はは。


にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へbrogrankingbanner2.gif
お手数でなければ、バナーを、クリックしてください。
スポンサーサイト
  1. 2011/06/15(水) 00:15:49|
  2. 未分類

プロフィール

城敏晃

Author:城敏晃
→→
こちらのメイン記事は
更新順ですが、
↓↓
この下のカテゴリーの項目は
ページの順番で表示されます。
短編漫画などは↓↓こちらから
どうぞ

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

短編作品には各ページに、作画の主旨が、記事としてつけられているものがあります。 「公設公園」はkk・「その光」はsh・「狐の国」はki・「アフェリガイスト効果」はaf、がページ数の頭についたものが、記事タイトルです。

RSSリンクの表示