城 敏晃の漫画

自分のイメージの具現化するための漫画を描いています。 

ki07

肌色の影の表現って、どうするか、
思案中。

あまり、さし色、で、意外な色を入れたくはないし、

かといって、暗い色で、くすんだ色にはしたくないし。


マンガなので、
舞台、場面ごとに、
色の感じを、変えようとは思っているのだが、

あまり「これと」、
決めた色で、
影を表現したくはないし、

むずかしい。

描いてるパソコンと、ネットにつなげてるパソコンでは、
また、色あい・明度が、違って見えるし。


でも、
絵を描くことについて考えてる、
ってことは、
それはそれで、

幸せなんですけど。


まあ、
男の肌色なんて、どうーでも、いい、
ちゃあ、いい。

でも、
女のこの方は、
考えてあげないと。

うーん、

でもでも、まあ、

とりあえず、描きました、って感じ。


にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へbrogrankingbanner2.gif
お手数でなければ、バナーを、クリックしてください。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/22(日) 19:41:45|
  2. 未分類

プロフィール

城敏晃

Author:城敏晃
→→
こちらのメイン記事は
更新順ですが、
↓↓
この下のカテゴリーの項目は
ページの順番で表示されます。
短編漫画などは↓↓こちらから
どうぞ

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

短編作品には各ページに、作画の主旨が、記事としてつけられているものがあります。 「公設公園」はkk・「その光」はsh・「狐の国」はki・「アフェリガイスト効果」はaf、がページ数の頭についたものが、記事タイトルです。

RSSリンクの表示