城 敏晃の漫画

自分のイメージの具現化するための漫画を描いています。 

ki06

このページは、


初対面なので、どういう感じで、会話をはじめるかが、大事なんだけど…

大事なんだけど、
いわば、ドラマとしては、何も進行しないシーンなので、
圧縮した。

圧縮とは、4段組のこと。

4段組とは、
段が4つあること。

でも、
4段組にしたら、絵が小さくなる。

小さくなっても、

実は、
表情がとても大事。



特に、最初、話し始めるときに、どういう顔ではじめるかが、
とても大事。

こんなこと、絵の話じゃなくても、
人と人は、初対面のときの、応対で、相手の評価の、基本骨子が決まってしまう。
なんて、
おれなんか(みたいな人付き合い苦手の奴)に、言われなくて、当たり前のこと。


これを、安易に描いてしまうと、
キャラの印象が、がらりと変わってくる。

いわば、「ありものキャラ」からの、流用の表情が、一番やりやすい。

ドラマ優先で、妙になれなれしい、
というより、
「いきなり、そんな親しげな奴って、きもいだろ」

っていうぐらい、まで、やってる、物語り作品あるけど、
おれは苦手。

キャラに、親近感もてない。


ということで、
自分にとって、キャラクターを作るときの、
難しいポイントは、こういう、何げない場面での、表情なのです。

kitune06up.jpg

ほら、かなりちゃんと描いてるんだけど、
縮小しちゃうと、イメージが違う。

悔しいので、載せときます。
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へbrogrankingbanner2.gif
お手数でなければ、バナーを、クリックしてください。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/13(金) 19:52:24|
  2. 未分類

プロフィール

城敏晃

Author:城敏晃
→→
こちらのメイン記事は
更新順ですが、
↓↓
この下のカテゴリーの項目は
ページの順番で表示されます。
短編漫画などは↓↓こちらから
どうぞ

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

短編作品には各ページに、作画の主旨が、記事としてつけられているものがあります。 「公設公園」はkk・「その光」はsh・「狐の国」はki・「アフェリガイスト効果」はaf、がページ数の頭についたものが、記事タイトルです。

RSSリンクの表示

フリーエリア