城 敏晃の漫画

自分のイメージの具現化するための漫画を描いています。 

ki03

光の感じには、こだわって描いたつもり。

漫画での
「光」は、

時間・季節とかを、表現する、大切なものだから、

小説なら、文字にして書けることだけど、
絵にしなければならない、漫画の描き出しでは、

読んでる人が、何も考えないで、

「あー、あの季節の、あの時間ぐらいだな」と、わからせる必要があるのです。

少し、白く飛ばしすぎな絵も、あるとは思いますが、
そういう、目的がある白さなので、

これは、こうなって、しまったのです。


あ、
それと、

バイクの音、ですけど、
あの、「トトト」ってのは、
最近のバイクの、低回転時の排気音。

「ドドド」なんて、いわないのです。
今のバイクは。


にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へbrogrankingbanner2.gif
お手数でなければ、バナーを、クリックしてください。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/19(火) 18:00:16|
  2. 未分類

プロフィール

城敏晃

Author:城敏晃
→→
こちらのメイン記事は
更新順ですが、
↓↓
この下のカテゴリーの項目は
ページの順番で表示されます。
短編漫画などは↓↓こちらから
どうぞ

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

短編作品には各ページに、作画の主旨が、記事としてつけられているものがあります。 「公設公園」はkk・「その光」はsh・「狐の国」はki・「アフェリガイスト効果」はaf、がページ数の頭についたものが、記事タイトルです。

RSSリンクの表示