城 敏晃の漫画

自分のイメージの具現化するための漫画を描いています。 

「その光」中断します

「その光」は、現在、これ以上は、描きません。

いったん、中断します。

その理由は、
この先の絵として、自分が、予定していたものが、現実の風景と、あまりに酷似する、からです。

「その光」の扉絵のところで、書いたとおり、
この漫画の風景は、夢で見た画像ですので、
それの完全再現を、試みていたのですが、
その必要性は、ない、と思いました。


こういう感覚を抱くような、体験は、
自分としても、初めてのことではないのですが、

いまは、陳腐なオカルトじみた個人的事象は、

現実に、苦しまれている方々のいる、現在では、
これ以上、表現したり、言葉にするのは、
自分の判断では、不適切すぎると思います。



今は、まだ
この感覚の、異常感から、自分の心が、抜け出せないでいます。



しばらく、自分なりに熱心に、描いてきた、「その光」ですが、
ここで、いったん中断しますが、

この先の「物語り」の展開は、
かなり先のことになっても、
描く機会があれば、描きたい、とは思っています。


決して
これで、

 と言うわけではないです。


そべての被災者の方、救援者の方に、心のそこから、心配と、救いの、願いを。
スポンサーサイト

テーマ:創作・オリジナル - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/03/14(月) 17:48:44|
  2. 白黒漫画「その光」・未完

プロフィール

城敏晃

Author:城敏晃
→→
こちらのメイン記事は
更新順ですが、
↓↓
この下のカテゴリーの項目は
ページの順番で表示されます。
短編漫画などは↓↓こちらから
どうぞ

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

短編作品には各ページに、作画の主旨が、記事としてつけられているものがあります。 「公設公園」はkk・「その光」はsh・「狐の国」はki・「アフェリガイスト効果」はaf、がページ数の頭についたものが、記事タイトルです。

RSSリンクの表示

フリーエリア