城 敏晃の漫画

自分のイメージの具現化するための漫画を描いています。 

sh010

2011年、あけましておめでとうございます。

ことしも、
自分の描きたいものを、
そのとき精一杯で描けるものを、

そのほか書いておこうと思うものを、

更新していく、つもりですので、

絵がたまったかな、という頃合に、見てやってください。



このページは、
前のページから、つづいて、
スローモーションの感じで、動きがつながってます。

その動きが、
普通の時間の流れに、戻るのが、
3コマ目、と4コマ目のあいだ。

読んでいて、流れに、つっかえる、感じがあるのですが、
これは、こういうかんじかな、
という、ふうに、やってみました。


2コマ目、冷蔵庫に、映る、ふすまの光、
自分では、いいな、と思っております。


それよりも、
いいな、と思っているのは、

パパが、長女の服をぐっと持って、自分は転びながら、
娘のほうを、引き起こしている、
そういう感じの絵。

こういう、ダブルアクションは、
たった、ひとコマで、「そう見える」ように描くのは、
なかなか難しいんです、よ。


にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へbrogrankingbanner2.gif
お手数でなければ、バナーを、クリックしてください。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/04(火) 17:41:24|
  2. 未分類

プロフィール

城敏晃

Author:城敏晃
→→
こちらのメイン記事は
更新順ですが、
↓↓
この下のカテゴリーの項目は
ページの順番で表示されます。
短編漫画などは↓↓こちらから
どうぞ

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

短編作品には各ページに、作画の主旨が、記事としてつけられているものがあります。 「公設公園」はkk・「その光」はsh・「狐の国」はki・「アフェリガイスト効果」はaf、がページ数の頭についたものが、記事タイトルです。

RSSリンクの表示