城 敏晃の漫画

自分のイメージの具現化するための漫画を描いています。 

kk60

1コマ目、
たくさんの人間が描いてあるのだが、
たくさんの人間を描く場合は、
ふつう、

同じ視点から見たパースで、同じ方向を向いている、人物をたくさん描く
 より、
同じ視点から見たパースで、違う方向を向いている、人物をたくさん描く

のほうが、描くのが、難しい。

そして

同じ視点から、見たパースでたくさんの人物を描く
 より、
パースを放射状に変化させて、たくさんの人物を描く

ほうが、難しい。

絵を描かない人には
「なんのことやら」
であろうけど、
描く人には、分かってもらえるでしょう。

1コマ目、
二つの難しいこと、一緒にやってみました。

地面が、同一平面に見えるでしょうか?

「平面、って、平面の上に絵を描いたんでしょ。
 平らに見えて当然じゃん」
って、
絵を描かない人は、思うかもしれませんが、

絵の練習している人には、
分かってもらえますよね。




それと、4コマ目、
鳥肌が立つような、絵を描こうと思って、がんばったつもり。
意味なんか、分からないけど、
なんか、ゾゾッときた、って、絵を。


にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へbrogrankingbanner2.gif
お手数でなければ、バナーを、クリックしてください。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/31(月) 23:58:29|
  2. 未分類

プロフィール

城敏晃

Author:城敏晃
→→
こちらのメイン記事は
更新順ですが、
↓↓
この下のカテゴリーの項目は
ページの順番で表示されます。
短編漫画などは↓↓こちらから
どうぞ

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

短編作品には各ページに、作画の主旨が、記事としてつけられているものがあります。 「公設公園」はkk・「その光」はsh・「狐の国」はki・「アフェリガイスト効果」はaf、がページ数の頭についたものが、記事タイトルです。

RSSリンクの表示