城 敏晃の漫画

自分のイメージの具現化するための漫画を描いています。 

kk58

かなり、暗さの濃い、ページだが、
これくらいに、暗くしておきたかった。

暗い中に、戦っている、パパの存在を、一点の光で、表現するのだが、
これが、
ピカーッ、
と、決まらないと、大事な緊迫感のムードが、壊れちゃうので、
これくらいの、暗さが必要なのです。

それと、
どうということは、ないことだが、

4コマ目、
文香ちゃんが、下を向いて、ほうきを見ているのだが、
あごのラインも、目も描いていない。

ベタ黒の髪の絵だけである。

このベタの部分だけで、ちらっと、見ている感じを出すのには、
線が2ミリ、ずれても、その感じが出ないのです。
(1ミリ、といいたいが、それほど細かいことでもないので…)
ちょっとした、職人芸です。


にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へbrogrankingbanner2.gif
お手数でなければ、バナーを、クリックしてください。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/06(木) 16:18:34|
  2. 未分類

プロフィール

城敏晃

Author:城敏晃
→→
こちらのメイン記事は
更新順ですが、
↓↓
この下のカテゴリーの項目は
ページの順番で表示されます。
短編漫画などは↓↓こちらから
どうぞ

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

短編作品には各ページに、作画の主旨が、記事としてつけられているものがあります。 「公設公園」はkk・「その光」はsh・「狐の国」はki・「アフェリガイスト効果」はaf、がページ数の頭についたものが、記事タイトルです。

RSSリンクの表示

フリーエリア