城 敏晃の漫画

自分のイメージの具現化するための漫画を描いています。 

熊谷守一の言葉

moromi090404.jpg
マンガの先生によっては、
「自分を作れ」という人もいます。

○自分が弱いなら、強い性格のキャラを、作る、とか、

おれは、そういう、意見に、真っ向反対です。

短いマンガを、1本か、2本なら、そういう描き方でも、出来ます。

でも、やはり、作り続けられない。

「おれ、学校にいるときだけ、先生のいいなりに、数ページのマンガを描いてみた。でも、もう今はまんが、描く気、起きないんだよね…」
という、結果になる、ことは、教えたくない。

絶対、自分の分身として、キャラを設定するほうが、いい。

「自分がよく分からない」という生徒さんには、
すこし、世の中に出て、他者と触れ合ってみたら、と、言っております。


にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へbrogrankingbanner2.gif
お手数でなければ、バナーを、クリックしてください。
スポンサーサイト

テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

  1. 2009/04/10(金) 11:37:13|
  2. アスペルガー症候群・エッセイ漫画

プロフィール

城敏晃

Author:城敏晃
→→
こちらのメイン記事は
更新順ですが、
↓↓
この下のカテゴリーの項目は
ページの順番で表示されます。
短編漫画などは↓↓こちらから
どうぞ

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

短編作品には各ページに、作画の主旨が、記事としてつけられているものがあります。 「公設公園」はkk・「その光」はsh・「狐の国」はki・「アフェリガイスト効果」はaf、がページ数の頭についたものが、記事タイトルです。

RSSリンクの表示

フリーエリア