城 敏晃の漫画

自分のイメージの具現化するための漫画を描いています。 

チビ娘と遊ぶ

moromi080307.jpg

自分の心が、見かけより、幼い感じなのは、

はっきり言って、30歳を、どんどん越していっても、
わからないままでした。

今の、自分の知り合いの人は、みんな、
ゲームや、漫画が、好きなので、
自分も、もうひとつ、大人になれてない心、なのは、
疑問抱くの、遅かったんです。

でも、テレビタレントや、
普通に、世の中で見かける、同年齢ぐらいの人、を見て、

「あれー、ちかうぞ」
っと、自分の、心を、見比べるようになって、

やっと、自分の心の、マイノリティさに、
気付き始めました。

それは、
実は、
自分が、アスペルガー症候群と、診断を受けてから、
半年以上すぎて、からの、
気付き、でした。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へランキングに参加してます。ポチッと、おねがいします。
スポンサーサイト

テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

  1. 2008/03/09(日) 20:08:02|
  2. アスペルガー症候群・エッセイ漫画

プロフィール

城敏晃

Author:城敏晃
→→
こちらのメイン記事は
更新順ですが、
↓↓
この下のカテゴリーの項目は
ページの順番で表示されます。
短編漫画などは↓↓こちらから
どうぞ

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

短編作品には各ページに、作画の主旨が、記事としてつけられているものがあります。 「公設公園」はkk・「その光」はsh・「狐の国」はki・「アフェリガイスト効果」はaf、がページ数の頭についたものが、記事タイトルです。

RSSリンクの表示