城 敏晃の漫画

自分のイメージの具現化するための漫画を描いています。 

os05

描き方から、色使い、台詞回しまで、
とにかく、
●既存の手法に一切とらわれない、
●作画手法に「意味を一切内包させない」、
自分流、
オリジナルの描き方をしているのだが、


子供たちが去っていく方向は、光に満ちている。

これは絶対「こう描こう」ときっちり決めていた、こだわり。
これは、こうでなければなればならない。


最近、この「逢瀬」の絵を描いていて思うのは、
「本当は、もっときれいに、描いてるんだけど、残念だな」、ということ。

ブログに、表示されるのは、
サムネイルみたいな絵になるので、
原画の美しさは、まった伝わらない。

ほんとは、もっと
「この人、美にどうにかしちゃったぞ」と言う感じの
絵に、全コマ仕上げているんだけど。

でっかいパネルにでもして、出力しないと、
ちゃんと伝わらないだろうな。

とくに、真ん中の絵は、ほんと、もっときれいなんだ。

ため息つくほど、きれいなんだよ。

描いてて、自分が、モニターの絵を見ていて、
それみながら、ぼーっとできるんだ。

ほんとまじ。



●城敏晃の作品は、その物語・設定・画像・人物・描写手法・せりふ・文字表現・効果・演出などの一切、模倣・盗用は禁止です。
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へbrogrankingbanner2.gif
お手数でなければ、バナーを、クリックしてください。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/10(金) 18:13:20|
  2. 未分類

逢瀬06

ouse06.jpg

テーマ:創作・オリジナル - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/01/10(金) 18:19:10|
  2. カラー漫画「逢瀬」

プロフィール

城敏晃

Author:城敏晃
→→
こちらのメイン記事は
更新順ですが、
↓↓
この下のカテゴリーの項目は
ページの順番で表示されます。
短編漫画などは↓↓こちらから
どうぞ

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

短編作品には各ページに、作画の主旨が、記事としてつけられているものがあります。 「公設公園」はkk・「その光」はsh・「狐の国」はki・「アフェリガイスト効果」はaf、がページ数の頭についたものが、記事タイトルです。

RSSリンクの表示